残された僕たち

 

 

 

作詞 風子拓水

 

 

 

残された僕たちは うつむいたまま

 

校庭のつむじ風 ぼんやりながめてた

 

いつだって輪の中で 笑顔集めて

 

誰からも愛された 君はもういない

 

 

 

教室にぽっかりと 空いた席

 

悲しみをうめるには 大きくて

 

また明日ねって 手を振ったのに

 

もう逢えないなんて 思わなかったから

 

 

 

 

 

残された僕たちが 何をすべきか

 

今はまだ答えなど 見つけられないけれど

 

いつもよりはしゃいでた 君の姿が

 

僕の眼に焼き付いて はなれそうにない

 

秋の日の夕暮れは 早すぎて

 

淋しげな横顔に 気づけずに

 

また明日ねって 手を振ったのに

 

もう逢えないなんて 思わなかったから

 

 

 

出遅れた友達を 励ました

 

真っ直ぐな君のように なれるかな

 

また明日ねって 手を振ったのに

 

もう逢えないなんて 思わなかったから

 

 

 

 

TOP

 

 

inserted by FC2 system